カイテキオリゴは太るのか|ダイエットで心配な便秘
カイテキオリゴで太らない3つの理由
  • 砂糖の半分のカロリー
  • 必要なのは1日11kcal未満
  • 老廃物を出すから軽くなる
※人の腸内には約3kgの便があります

カイテキオリゴの主成分はオリゴ糖なので、糖とつくからには太ってしまいそうですよね。

「お通じがよくなっても、太るのは嫌だ」

そんな方は多いと思います。

(私も太りたくないです(;’∀’))

しかし安心してください、カイテキオリゴは太りません!

カイテキオリゴは1日5g食べればいいのですが、カロリーは砂糖の1/4しかないので太らないんです。

ダイエット中の方も安心して使えます!(^^)!

公式サイトはこちらです。

 

カイテキオリゴは太る?それとも逆に痩せる?気になるカロリー

カイテキオリゴを食べると太るということはありません。

少なくとも痩せてダイエットになることはあっても、太るということはないのです。

カイテキオリゴは1日に付属のスプーン1杯分を食べることを推奨されています。

カロリーはスプーン1杯で11kcal未満です。

女性に必要な1日のカロリーは、個人差はありますが大体1,500~2,000kcalくらいです。

これに比べると11kcalなんて大したことないですね。

カイテキオリゴは砂糖の半分という低カロリーなので、ダイエット中の方でもカロリー計算にほとんど影響を与えません。

代謝が悪くて太りやすいという方が食べても心配ないのです。

ダイエット効果でむしろ痩せる?

オリゴ糖ダイエットってみなさん知っていますか?

どういうものかというと、天然のオリゴ糖で善玉菌を増やし、腸内環境をよくすることで自然と痩せられるというダイエットです。

善玉菌は色々な悪さをする原因の悪玉菌を抑えてくれます。

無理な体重変化を目指す不健康なダイエットとは違うので、出産前の体重に戻したい方なども安心して使えます。

カイテキオリゴは炭水化物みたいにエネルギーが少なく、お腹の調子に優しい健康食品です。

毎日の美容のためにも、ダイエットの一環として使ってみるのはありです。

関連のある記事 【カイテキオリゴ・口コミ】お通じへの評価は…おすすめなの?

 

そもそもオリゴ糖って何?砂糖の仲間ではない【高純度オリゴ糖食品】

高純度オリゴ糖食品であるカイテキオリゴの主成分はオリゴ糖ですが、「オリゴ糖って何?砂糖の仲間?」という方は多いと思います。

簡単に言うとオリゴ糖はブドウ糖という糖が集まってできたものです。

ブドウ糖と言えば炭水化物に含まれていることで有名ですね。

炭水化物は食物繊維と糖質に分けられるのですが、糖質はブドウ糖により構成されています。

そんなオリゴ糖ですが、実は砂糖より高カロリーなものが存在します。
ただ、高カロリーでも吸収されにくいので太る心配はありません。
とはいってもほとんどのオリゴ糖は砂糖より低カロリーなのでご安心ください。
カイテキオリゴに含まれているのは低カロリーかカロリーが高くても消化されにくいオリゴ糖です。
つまり、カイテキオリゴには太る原因になるな成分は入っていないのです。

【要注意】オリゴ糖食品はできるだけ高純度(100%)のものを選ぼう!

オリゴ糖食品と言えばカイテキオリゴ以外にもたくさんありますが、出来るだけオリゴ糖100%の高純度なものを選びましょう。
質の悪いオリゴ糖食品はオリゴ糖が数%しか含まれていません。
のこりの成分は何かというと、大量の砂糖や人工甘味料、添加物で味付けされています。
当たり前ですが、オリゴ糖自体は問題なくても砂糖などがたくさん含まれていれば太ってしまいます。
カイテキオリゴはオリゴ糖の含有量がほぼ100%です。
ほぼ100%なのは、乾燥しないようにする成分が含まれているからです。
カイテキオリゴは粉状なのですが、完全にオリゴ糖100%にしてしまうと固まってだまになってしまいます。
太ったり虫歯になったりといった副作用がある成分は含まれていないのでご安心ください。

 

カイテキオリゴは血糖値が気になる人や糖質制限をしている人でも使用可能

結論から言うと、血糖値が高くて糖質制限をしている人でもカイテキオリゴを食べて大丈夫です。

カイテキオリゴの主成分であるオリゴ糖は糖質ですが、エネルギーが低いので食事制限にひっかからないのです。

なので血糖値抑制のためにご飯やパンなどの炭水化物を控えている人でも、安心して食べることができます。

さらに、カイテキオリゴに含まれているのは難消化性オリゴ糖といって、栄養として腸などで吸収されにくいです。

普通の砂糖だと胃や腸から吸収されて脂肪などとして蓄えられてしまいます。

一方、カイテキオリゴに含まれるオリゴ糖は吸収されにくくそのまま排出されやすいので、太る心配がありません。

肥満やメタボで悩んでいる人でも安心して食べることができます。

(糖尿病や妊娠糖尿病で病院から処方されたお薬を飲んでいる方は、念のために医師に確認しましょう)

カイテキオリゴは天然甘味料で出来ていて、砂糖の代用品としても甘さを味わうことができます。

なので糖質制限などの食事制限や運動療法で挫折した方も安心して使うことができます。

 

カイテキオリゴで虫歯になることはない

カイテキオリゴは、ほのかな甘さがありますが虫歯の心配はしなくても大丈夫です。

1日に食べる目安はカイテキオリゴに付属するスプーン1杯分なので、歯への影響はほとんど無視できます。

とはいってもカイテキオリゴの主成分はオリゴ糖で、糖というからには何か虫歯に影響しそうな感じがしますよね。

実際に甘さは砂糖の1/4ほどありますしね。

けど歯が悪くなる心配はないんです。

その理由はキシリトールガムを例に考えてみると分かりやすいです。

キシリトールのガムって甘いけど、よく虫歯予防でおすすめされていますよね。

歯を強くするとかなんとかって。

実際にキシリトールは甘いですが虫歯の原因になりません。

カイテキオリゴもキシリトールと同じで、甘いけど虫歯の原因にならないのです。

カイテキオリゴは赤ちゃんに飲ませても大丈夫なように作られています。

生後1ケ月の赤ちゃんが便秘になっちゃったのでカイテキオリゴを与えたのですけど、無事便秘傾向が解消できました!

実際に上記のような声も上がっています。

もちろん虫歯の心配もないので安心して与えることができます。

 

※歯医者さんいらずです

 

カイテキオリゴのアレルギーの危険性/牛乳アレルギーは起きるのか

残念ながらカイテキオリゴでアレルギーが起きる危険性はありますが、牛乳アレルギーは大丈夫です。

というのもアレルギーはどんな食品でも起きる可能性があるからです。

もちろん、食べ物によってアレルギーの起きにくさは違います。

一般的には卵や小麦アレルギーが多いです。

なのでアレルギーをお持ちの方はカイテキオリゴの原材料名を確認しておきましょう。

以下はカイテキオリゴの原材料一覧です。

  • ラフィノース
  • ミルクオリゴ糖
  • 乳糖
  • フラクトオリゴ糖
  • アカシア食物繊維
  • イソマルトオリゴ糖
  • 難消化性デキストリン
  • ショ糖/環状オリゴ糖

カイテキオリゴは国の許可が必要な機能性表示食品に認定されているので、成分表示の信頼性はあると考えられます。

上記の材料を見る限りアレルギーの原因になりやすい材料は含まれていません。

なので、カイテキオリゴのアレルギーはほとんどの方が大丈夫です。

乳糖不耐症には注意

ただ、乳糖不耐症の方は注意しましょう。

乳糖不耐症は牛乳アレルギーと同じで、牛乳が原因でお腹が緩くなってしまう病気です。

カイテキオリゴは牛乳アレルギーの方は心配はあまりありませんが、乳糖不耐症の方はお腹を壊してしまうかもしれません。

乳糖不耐症 牛乳アレルギー
原因 乳糖 カゼインやβラクトグロブリン

上記の表のとおり、カイテキオリゴにはカゼインなどは含まれませんが、乳糖は含まれています。

なので、乳糖不耐症の方はカイテキオリゴを飲むと下痢をしてしまうかもしれません。

普段から牛乳を飲むとすぐお腹を壊してしまうという人は、ちょっと危ないかもしれません。

ただ、カイテキオリゴで摂取する乳糖は牛乳ほど多くないので、絶対に症状が出るかと言われると違います。

※万が一合わなくても全額返金保証付きです

 

カイテキオリゴでおならが止まらなくなる?

「カイテキオリゴを飲むとおならが止まらなくなって辛かった」という声があるのですが、本当でしょうか。

静かな場面とかでおならが出ると大変ですよね…

実は残念ながら、カイテキオリゴを飲むとおならは出やすくなります。

殆どの人が今までより出るようになってしまいます(>_<)

何故かというと、カイテキオリゴにより腸が活発になることでウンチだけではなく、溜まっていたガスも排出されるからです。

長い間、便を腸内に溜めていると大腸で発酵してガスがたまります。

皆さんも便秘でお腹が張って辛かった経験はおありだと思います。

便秘状態がさらに続くと、最悪の場合臭いが体から口臭や体臭となって染み出してきてしまいます。

溜まっていたガスを増やすのですから、ガス(おなら)の回数が増えるのはいわば正常な、健康な反応です。

 

おならを避ける方法

カイテキオリゴでおならが臭い

結論から言います、おならが出るのを避けるのは逆効果なので辞めましょう。

けど、「人前で出そうになったら嫌だ…」という人は多いと思います。

便秘などで腸が不調なときに溜まったガスは、硫黄臭や腐敗臭が通常のおならより強まっています。

そんなのが他の人と喋っているときに出たら…嫌ですよね(;’∀’)

でも安心してください、臭いおならの音や臭い対策はあります。

最初のうちは人と会わない日の前日にカイテキオリゴを多く食べるようにすればいいのです。

そうすれば出来るだけ人に会わない時におならが出るようにできます。

ちょっと下品ですが、人に会わない日の日はヨーグルトなども一緒に食べて、大きな音を出しちゃいましょう!

※万が一合わなくても全額返金保証付きです

 

妊婦さんの便秘にもカイテキオリゴは使っていい?授乳中は?

妊婦さんや授乳中の方で便秘に悩んでいる方は多いと思いますが、カイテキオリゴは使っていいのでしょうか?

答えはYESで、妊娠中や授乳中の方でもカイテキオリゴは使ってもいいです。

カイテキオリゴは赤ちゃんが飲んでもいいようにできているので、お母さんが飲んでも悪影響はないです。

妊娠中は体質が変わって便秘しやすくなるので、カイテキオリゴは心強い妊婦さんの味方です。

自己判断で飲ませるのが不安だという方には、通常版のカイテキオリゴではなくお子様用カイテキオリゴをおすすめします。

お子様用カイテキオリゴは読んで字のごとく完全にお子様向けです。

育児は様々な病気のリスクとの隣りあわせですが、赤ちゃん専用で作られているのものなら安心できます。

 

カイテキオリゴの飲み過ぎには注意

カイテキオリゴは赤ちゃんに使ってもいいですが、飲み過ぎには注意しましょう。

もちろんお母さんも飲み過ぎはNGです。

カイテキオリゴはEOS理論という独自の科科学的根拠を元に作られた食品です。

EOS理論とは、オリゴ糖を数種類組み合わせて使うと、1種類だけで使うより効果があるというものです。

確かに便秘傾向の人を改善する効果はありますが、食べ過ぎると効果があるだけに危ないです。

カイテキオリゴを飲んだ時の感じ方は個人差がありますが、1日に10gや20gなど大量に食べるのはやめましょうね。

 

カイテキオリゴは便秘薬と併用してもいい?

カイテキオリゴを便秘薬と併用しても大丈夫ですが、おすすめはできません。

カイテキオリゴの使い始めは便秘薬と併用でもいいと思いますが、ある程度経ったら便秘薬の使用はやめたほうがいいです。

ずっと便秘薬を頼っていると体が自然な排便を忘れてしまいます。

便が溜まってきても、便秘薬がないと腸が動かない体になってしまいます。

便秘薬は整腸効果があるというわけではなく、無理やり便をだす働きしかありません。

3日以上便が出ないとつい使いたくなると思いますが、出来るだけ便秘薬の使用は控えましょう。

一方カイテキオリゴには、ずっと使っているからといって自然な排便ができなくなることはありません。

健康食品なのでカイテキオリゴの整腸効果に依存してしまうことはありません。

まとめると、最初はカイテキオリゴと便秘薬を一緒に使って、ある程度便が出るようになってきたら便秘薬は必要なしです(*^^)v

※辛くなったら便秘薬も使って大丈夫です